財産設計とは、生存中に自分の財産に対する計画を立て、検認手続きを受けなくても良いように、また相続税を、出来るだけ少なく、あるいはまったく支払わずに済むようにする事をいいます。これは特別な遺言や信託(トラストといい、これについては後で説明します)を作成する事や財産の所有権名義を書き換えたり、その他の生存中するべき計画を行うことです。